Hello Guest

Login

日本人女性は韓国人の夫と結婚し、一生のうちに故郷に帰ることができない

ミツコは1960年に韓国で新しい生活を築くために日本を離れました。しかし、彼女がこの国に到着したとき、彼女と彼女のような何百人もの人々は二度と戻れないことを知りました。故郷。

若い人たちは「あなたがいる場所に着陸」で素朴な韓国の村にチェックインします
北朝鮮でヌード写真を撮ったとして観光客が逮捕されそうになった
金正恩夫人:韓国の女性のファッションアイコン
77歳の水川光子さんと結婚式の写真。彼女と彼女の夫は1960年に韓国に引っ越しました。

南川光子が北朝鮮行きの船に乗り込んでから60年が経ちました。しかし、その年の春のある晴れた日の痛みは、彼女の心の中で決して和らぐことはありませんでした。

2ヶ月前、北海道大学の学校の学生、チェ・ファジェという韓国人男性と結婚し、100人中唯一の女子学生だった。その年、南川さんは21歳で、崔さんは帰国した韓国出身の日本人の一人です。彼らの多くは、鉱山や工場で働くために日本人によって連れてこられた人々の子孫です。

日本赤十字社によると、1959年から1984年にかけて93,000人以上の在日コリアン(在日)が帰国した。しかし、その中で、ミナカワのような1,830人の日本人女性は韓国人男性と結婚し、少数の日本人男性は韓国人の妻と結婚しました。

「私の夫は韓国人で、貧しい背景から来ています。私の家族はこの結婚に反対し、結婚式には出席しませんでした」と、日本の写真家林典子が撮影した北朝鮮在住の8人の女性の1人である水川は言いました。

「私の母は泣いて言った。 『行かないでください。あなたがしていることについて考えなさい。」彼女の言うことを考えるたびに、私は泣き止むことができません。その年、私は21歳でした」。その後、南川は韓国名のキム・グァンオクを採用した。 2014年に亡くなった彼女と夫は、後に元山の東部の港湾都市に定住し、そこで彼は海産物会社で働き、彼女は家で子育てをしていました。

ミナカワと故郷近くの公園の桜の写真。

写真家の林は、本国送還プログラムと、韓国に足を踏み入れたことがない日本人女性を含む「帰国者」がいることを知る。 「しかし、私はこれらの女性の個人的な話を聞いたことがありません」と彼女は言いました。 「60年ぶりに故郷を離れた彼らの気持ち、覚えていること、韓国での生活を知りたい」と語った。

しかし、北朝鮮は、特に日本のフリーランスの写真家にとって、アクセスが難しい国です。

2013年に日本のNGOと初めて訪問したとき、林は彼女の唯一の目的は女性に会い、彼らの話を聞き、そして彼女の足の写真を撮ることであると確信しました。それらを使用してください。

次の12回の旅行中に、彼女は平壌、元山、咸興(国内で2番目に大きい都市)の自宅で彼らにインタビューし、写真を撮りました。

林はすべての物語の中で感情の糸を見つけます。それは彼らが生まれ育った場所を再訪することを切望する女性です。 「何回も、彼らが何年にもわたって私の心に隠してきた感情を目にします。」

彼らが北朝鮮に行くことを決心したとき、彼らは新しい生活に落ち着いた後、彼らが家族を訪問するために日本に戻ることができると信じていました。しかし、両国はまだ外交関係を確立していないため、日朝間の自由な旅行は不可能です。

数十年が経ち、林が出会った5人の女性だけがこんなに短い時間で故郷に帰ることができた。 1997年、1998年、2002年に開催された特別送還プログラムの一環として、合計43人の日本人妻が数日間帰国することを許可された。

そのため、林は突然、これらの女性と彼らが残した故郷との珍しい絆になりました。一部の人にとっては、女性写真家は、彼らが生まれた国との唯一のつながりでもあります。林が撮影した8人の女性は現在70代と80代で、すべて未亡人です。 3人が亡くなりました。過去1年間、彼女はCovid-19のパンデミックのために訪問を延期しなければなりませんでした。

彼女が訪れるたびに彼らは喜んで笑った、と林は思い出した。彼らは彼女の手を取り、子供たちと孫たちに彼女を紹介しました。そしてしばらくすると、他の人たちは部屋を出て自由に話せるようになりました。

「両親のほとんどは去るという決定に反対していますが、心配しないでください、彼らは戻ってくると言います。結局、彼らは死ぬ前に両親に会うことさえ許されませんでした。彼らは皆、これについて話すたびに泣きます。

87歳の中本愛子さんは日本に帰国したことがありません。 「たった1〜2時間で十分です」-彼女は夢を見ました。

中本愛子さんも、日本で2年間結婚した後、1960年に夫と一緒に韓国に行きました。彼女の故郷は熊本県です。 「子供の頃、友達と一緒に寺院に行って遊んでいました。 26歳の時に彼に会いました。彼の日本語が完璧だったので、最初は彼が韓国人だとは知りませんでした。彼は温かい人で、私は恋に落ちました。」

他の多くの女性と同様に、彼女は60年間日本に戻ることを許されていませんでした。 「祖国と両親の墓に行きたいだけです。」

他の女性も林と家族を訪ねたいという気持ちを共有した。

2018年に北朝鮮で亡くなった岩瀬藤子は、母と妹との最後の出会いについて林と共有した。彼女が日本を離れる前に、彼らは東京で彼女を訪ねました。

「私たちは、数年後に再び会うと信じています。韓国に来てから外で働いたことはありませんが、家で編み物をするのが好きです」と咸興のカフェでおしゃべりしながら林に語った。 「私の夫は大学に行き、医者になりました。年をとるにつれ、故郷の昔のことを考え始めます。」

井出瀧子さんは、2000年の本国送還プログラムに参加した数少ない女性の一人でした。私の夫は韓国人なので、私の母は結婚に反対しています。私たちは1961年に彼女に知らせずに韓国に引っ越しました。私は一人娘なので、とても悲しくてがっかりしているに違いありません。」

彼女は39年ぶりに帰国し、2年前に99歳で亡くなったことを知りました。「ついに、お墓を訪ねることができたので、お詫びしました」。

林さんがインタビューした女性の中で、水川さんに一番惹かれていた。 「彼女はとても独立した女性です。彼女は、愛する男性と一緒に暮らし、21歳のときに自分が望む人生を築くことを選びました。それは、日本の友人や家族から離れることを意味します。

「彼女は私にこう言った。」私が日本を離れたとき、私は自分自身の幸せに焦点を合わせましたが、母は非常に心配していました。赤ちゃんを産んだ後、私は彼女の気持ちを理解しました。」

心的外傷を起こさないように、林は女性に日本を離れたことを後悔しているかどうかを直接尋ねたことはありませんでした。 「二度と戻ってこないかもしれないと彼らが気付いたとき、彼らは夢中になったのを私は知っています。しかし、私は彼らが北朝鮮で彼らの生活と家族を大切にしているのを見ます。一度日本を訪れる機会があれば帰国します。そのうちの一人は、短い訪問で十分だと私に言いました、そして彼女は目を閉じることができます。

林がインタビューした5人の生存者のうち2人は、日本の家族に手紙をやり取りしました。ここでは電話は贅沢であり、電子メールへのアクセスは平壌の政治エリートだけが使用する特権です。

ミナカワを含む他の人々は、家族との接触を失いました。林は日本にいる親戚に連絡を取ろうとしたが、まだ連絡が取れていない。

さて、77歳のミナカワさんは夢を見ています。「できれば最後にもう一度日本に帰りたいです。毎年5月にアカシアの花が咲くと、窓を開けて香りを部屋に流し込みます。そのようなたびに、私は家が恋しいです」。

ビデオをもっと見る:韓国の海は旗の儀式を見ました、2021年に花火は敬礼します

グエンサオ(ガーディアンによる)

韓国人の男の子と女の子の美しいラブストーリーが疑われている

すべての障壁を乗り越えて、韓国の少年ジョセフ・パクと韓国の少女ジュヨンは結婚すべきだ


Related Post