Hello Guest

Login

国防総省は、係争中の日中列島に関する見解を修正します

尖閣/釣魚島の主権に関する国防総省のスポークスパーソンの以前の声明は、米国のスタンスの変化であると理解されています。

Covid-19から世界で8,950万人以上が、米国は1回接種ワクチンを提案しました
シリアの空爆のために議会が分裂した
ミャンマー大使は国連にクーデターに緊急に反対するよう呼びかけた

共同通信によると、米国防総省のスポークスマン、ジョン・カービー氏は2月26日、彼の最近の発言は、日本人が尖閣諸島として知られる紛争群島に対する東京の主張を支持すると述べた。中国人は東シナ海の釣魚島を「間違い」と呼んでいる。 "そして誤解をお詫びします。

ペンタゴンのスポークスマン、ジョン・カービー。写真:AP

尖閣・釣魚群島の主権をめぐる「米国の政策に変化はない」と共同通信はカービー氏を引用し、無人島に対する米国の中立性を示唆しているようだ。 「私の間違いについて本当に申し訳ありません」と国防総省報道官は付け加えました。

先日、2月23日、カービー氏は記者会見で、米国は尖閣/釣魚島の主権をめぐって「日本を支援する」と述べた。当時、彼は、北京が税関法を通過した後も中国の船が存在し続け、緊張が高まっていた群島近くの海域の状況についての質問に答えていました。

2月26日、スポークスマンのカービーは、ジョー・バイデン大統領と米国当局者が、尖閣/釣魚島にある二国間安全保障条約第5条に基づく日本を守るというワシントンの「確固たる」誓約を東京に安心させたと強調した。

「米国は現状を変えようとする一方的な行動に反対している」とカービー氏は述べた。

タンハオ

日本は紛争中の島々に侵入する外国船への射撃を許可している

2月25日の日本の与党自民党のメンバーは、政府会議の後で、海上保安庁(JCG)が侵入しようとする外国船に直接発砲できることを確認した。戦角/ディアオユ諸島のファム。

中国の船は日本と争われている島の近くに現れ続けています

ジャパンタイムズによると、大砲のような武器で武装した中国の船が、早くも2月16日に日本と争われている群島の近くの海域に入った。


Related Post