Hello Guest

Login

中国の船は日本と争われている島の近くに現れ続けています

ジャパンタイムズによると、大砲のような武器で武装した中国の船が、早くも2月16日に日本と争われている群島の近くの海域に入った。

7人の共和党上院議員「反党」がトランプ氏を弾劾することに投票した理由
WHOは緊急ワクチンを承認しました。ウイルスが武漢にいつ出現したかに関する情報です。
エジプトで5、000年前の醸造所を発見

海上保安庁(JCG)の報告によると、尖閣/釣魚群島付近の海域には午前4時30分頃に最大4隻の中国船が入港し、そのうち2隻が1隻に接近した。日本の漁船はJCGのパトロール船によって保護されている。

2012年9月に尖閣/釣魚群島で運航されたJCG巡視艇。写真:ロイター

大砲のような武器で武装した中国の船は、日本の漁船に接近しませんでした。

2月16日は、日本と日本が共同で主張している群島近くの海域に中国船が入港した2日目です。 2月15日、東京は北京に同様の事件に抗議するメモを与え、中国の船に直ちにその地域を離れるように命じた。

加藤勝信官房長官は記者会見で、「中国の海上船舶によるこのような活動は国際法に違反している」と述べ、この事件を「非常に残念で不可能だ。容認する」と述べた。

タンハオ

中国の船が日本と争われている島の近くに現れた

日本は中国の海軍に漁船への接近をやめ、尖閣/釣魚島群の近くの海域を離れるよう要請した。

中国の巡視船は日本の漁船に近づこうとしたとして非難された

中国の巡視船は、尖閣/釣魚諸島の近くで、中国の税関法が施行されて初めて日本の漁船のグループを閉鎖しようとしました。


Related Post